1. 埼玉県の注文住宅トップ
  2. 中古住宅取得とリフォーム
  3. 中古住宅購入チェックポイントシート

中古住宅購入チェックポイントシート

確認申請書・図面の有無とその内容のチェック。

確認申請書を見ることで、建築年月日など得られる情報がたくさんあります。
建築図面を見ることで、建物の仕様がわかり、また、リフォーム工事の図面起こしにも使えます。

構造の確認(どこまでのリフォームが可能か、要望を形に出来る物件か等をチェック。)

柱の数、位置、太さなどを調べ、壊せる壁かどうか、
窓などの開口部を広げられるかなどの判断材料とします。
基礎幅なども併せてチェックしましょう。

地の境界線のチェック。

隣地との境界を表す境界杭や鋲などがあるかを確認しましょう。

土地は盛土か、切り土か(地盤強度)。以前の土地状況(沼地かなど)をチェック。
物件が違法建築物ではないかをチェック。(再建築が出来る物件か等。)

古い法律に基づいて建てられた建物は、現法に照らすと建て替えが出来ないものもあります。
また、当初からの違法建築物もあります。分からない時は専門家に相談するのも良いでしょう。

増改築・リフォーム・メンテナンスの履歴のチェック。
新耐震基準に適合物件かをチェック。

新耐震基準施行以降(昭和56年6月1日以降)の建物か(新耐震基準に適合物件か)をチェック。
確認申請書や登記簿謄本で確認が出来ます。

外壁・基礎のチェック

外壁・基礎のひび割れや腐れ、床下・屋根裏の傷み具合(断熱材・結合部分・金属の錆・木部の湿り)、
稼動状態を確認しましょう。

設備機器の状態をチェック。

キッチン、トイレ、お風呂、洗面、給湯器、エアコン、スイッチ類などの試運転を行い、
稼動状態を確認しましょう。

給排水の状況をチェック。

キッチン、トイレ、お風呂、洗面で実際に水を流してみて、給水が出るかどうか、
また、排水がしっかり流れるかどうかを室内側、外部の排水桝ともチェックしましょう。

建具の歪み(隙間や引っ掛かりがないか)、床の傾き、雨漏りの形跡はないかをチェック。
天井の高さ、サッシの高さをチェック。
治安状況、公共施設までの距離、地域特性、騒音(車・ペットなど)をチェック。

可能であれば、朝・昼・夜、晴れの日、雨の日など、様々な状況で確認してみましょう。

隣接する建物からの影響(日照・通風・眺望・プライバシーなど)をチェック。

リフォームやフェンスなどの設置等で解決するかどうかも含めてチェックしましょう。


カタログダウンロード
中古住宅取得とリフォーム
中古マンションのリノベーション
コンテンツメニュー
  • Under2000プロジェクトについて
  • Y.T Design office紹介
  • スタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • Y.T Design officeと弓田工務店のコラボレーション
埼玉の建築家がデザインする注文住宅と店舗設計
フェースブック
埼玉の注文住宅とリフォーム(店舗含む)は弓田工務店
沖縄県の新しい木造住宅「琉izm」