1. 埼玉県の注文住宅トップ
  2. 中古マンションとリノベーション
  3. 中古物件に潜むリスク

中古物件に潜むリスク

ずさんな設計・建築

中古物件の中には、ずさんな設計、建築が行われた物件も少なくありません。

特にバブル期の建築物は、バブル景気による建設ラッシュで日雇い労働者が多く投入されていた結果、 ずさんな不良完成物件が多い事が社会問題視されています。
(※バブル期に建てられた物件であっても、きちんと設計・建築が行われたものも多数ございます。)

マンション図面
法律の適用範囲外

不動産購入者の保護を目的として、平成12年春、『住宅の品質確保の促進等に関する法律』 (通称:品確法)が施行されましたが、それ以前に流通していた中古物件はその法律に該当しません。
今後の中古市場においては、平成12年春以降と以前の中古物件の価格差、資産価値は 大きく開くものと予想されます。

管理の破綻

物件によっては、既にオーナーが破綻していたり、管理組合が機能していない場合も多いです。
正常な修繕がされておらず、物件を購入した際に大規模修繕等をしなくてはならないものも多く、
予想外の出費が出る恐れがあります。

中古物件に潜むリスク

上記リスクを回避する為には、以下の制度を有効利用したり、信頼できる専門家を見つけることが重要です。

既存住宅性能表示

品確法によって設けられた住宅の基本的な性能の表示ルールを定める日本住宅性能表示基準に従い、 国土交通大臣から指定された指定住宅性能評価機関が客観的に住宅性能を評価します。

不動産インスペクション

民間の一級建築士などによって行われる建物診断。
概ね10万円位の費用で専門家による診断を受ける事が出来ます。

信頼できる専門業者(不動産業者、建築士など)とのコネクション

信頼できる不動産業者や建築士などをいかに自身の味方に付けるかがポイント。
不動産業者などは長い経験により、施工会社、建築主、売主等を見ることにより、 ある程度危険な建物かどうか判断出来たりもします。


カタログダウンロード
中古住宅取得とリフォーム
中古マンションのリノベーション
コンテンツメニュー
  • Under2000プロジェクトについて
  • Y.T Design office紹介
  • スタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • Y.T Design officeと弓田工務店のコラボレーション
埼玉の建築家がデザインする注文住宅と店舗設計
フェースブック
埼玉の注文住宅とリフォーム(店舗含む)は弓田工務店
沖縄県の新しい木造住宅「琉izm」